2017年も残すところあと数日。来年はどんな年にしたいですか?大人だからって、夢や目標を追いかけちゃいけないの?いえいえ、大人”だからこそ”実現できることはたくさんある。個人の夢が少しずつ、みんなの夢に。そしてほんの少しでも社会のためになればそんなに素晴らしいことはないですね。

みんなの夢を応援するために、そしてガチで叶えたい人のために、甘酸っぱい本気のコーチングコンテンツをお届けするよ。みんながやりたいことがあることを前提に、叶えるための10ステップをコーチしていくね。大丈夫。君なら出来るよ。

 

<目次>

1.サクッと全責任を負って中心に行け
2.細部まで明確に。叶えたイメージを持つ
3.誰と一緒に過ごしているのか?今から決める
4.ビジョンの最高点は君にとって最高のシーン
5.小さく分けて、普段はそれを目指す
6.一人でやったら規模は知れてる。みんなでやれば無限。
7.代わりに差し出すものは最初に想定しておく
8.自分がうまくいく法則、習慣を知っておく
9.プロセスをまるごと楽しむ
10.誰のためになるのか?意義を見つけたときのパワー

 

Contents

1.サクッと全責任を負って中心に行け

いきなりハードル高ぇ!!と思うなかれ。慣れれば責任は、呼吸だ。だけど、普通に生活していたら責任を追う機会なんてそうないから、最初はびっくりするよね。その実質は、「叶えることを決めて、そのための障壁をなんとかし続ける」それだけなんだよ。だけど同時に、気が乗らなければいつだって辞めてもいいし、方向転換してもいい。「私がやる」って決めてその中心にいれば、すべてが自由になる。自由と責任は1セットで手に入るんだ。どちらかの良いところ取りをしようとすれば、現実は何も進まないから、きっと余計にしんどいはずだ。最初のポイントは自分の人生を自分で運転しているか?その主体性を問われているんだね。

 

CHECKPOINT!

他人の夢を追っていたり、打算で動いて主体的になれないことをしているときは、ずっとズレていくから、それは本当に自分の夢かを次のリストで確認するといいよ。

路線違いリスト

・しっくり来ない気がする
・肩に重荷を感じる
・やればやるほどやる気がなくなる
・退屈でいつも眠い
・自分の強みが活かせない
・叶ったら満足するのは、、、他人
・誰かに言われなければ動きたくない

合っているリスト

・不安はあってもしっくり来る感じはある
・ワクワクして翼が生えているよう
・やればやるほどエネルギーが湧いてくる
・興奮して眠れないこともある
・無難な路線を外れても面白いことをしたい
・夢が全部叶ったら自分が嬉しい
・これをするために生きていると感じる

 

主体的になるためには?

□ 自分を信じる
■ 自分を受け入れて引っ張っていく
□ 好きなことをする、することを好きになる
■ 自分と他人を比べない
□ 多少理解されなくても自分のビジョンを信じる

 

どんなに世界が賞賛しても
君に響かなければ何の意味もない。
”ワガママに”だからこそ自分からはじめるんだ。

 

2.細部まで明確に。叶えたイメージを持つ

自分が何を叶えたいのか?それをより深く知るために、叶えた自分を想像して、その状態の活動や習慣、周囲の状態をイメージしてみよう。現在地点から理想を見上げると見えないことも、理想を想像してそこから周りを見渡せば見えてくることはたくさんある。それを細部までイメージしたら、現在との違いにも気付くはずだ。そのひとつひとつの小さな違いを変えていくことが、実は大きなビジョンの達成につながっている。

 

CHECKPOINT!

明確さが勝負。自分のビジョンをいつでも思い出せるように、しっかりとイメージを言語化しておくこと。

曖昧なイメージ

・痩せる
・売り上げを上げる
・生活態度を変える
・勉強をする
・ビジネスを発展させる

明確なイメージ

・◯月◯日時点の体重は◯Kgになっている
・◯◯なビジネスを◯◯なように実行し、その際の環境は〜・・・
・朝は◯時に起きて、ストレッチや運動をし〜・・・
・◯◯に関する知識を学んで、造詣を深めている。それが◯◯に役立っている
・私は◯◯の活動によって、〇〇な状態になっていて〜・・・

 

見えていないものは掴めない

□ ビジョンを明確にイメージすること
■ 明確にするためにはエネルギーを上げてイメージする
□ ビジョンが明確ならモチベーションが生まれる
■ ビジョンが明確なら、優先順位が決まる
□ ビジョンが明確なら、その他の方向性も決まる

 

自分に都合のいい未来を想像する。
イメージ出来たら、あとはやるだけ!

 

3.誰と一緒に過ごしているのか?今から決める

ものごとの実現はエネルギーの集合体そのもので、エネルギーは一緒にいる人や環境、自分のビジョンがまた創っていく。誰と一緒にいるのか?どんな環境にいるのか?ビジョンから現在を見たとき、ビジョン通りの人や環境のなかに身を置くこと。反対に、ビジョンのなかにいない人や環境とは距離を取るようにする。少し口寂しい気持ちにもなるだろうけれど、自分のビジョン、夢、人生と、いまのコンフォート安心感を天秤にかけたとき、本当に大切にするべきことは迷う余地もないはずだ。決めて、変える。それがどんなに些細なことでも、一歩近づき、現実が変わる。

 

CHECKPOINT!

現実を着実に変えていくために、ふわふわと運に頼るのではなく、原因と結果をしっかりと分析しつつ、人事を尽くした上で天命を待つこと。普段を構成するエネルギーがビジョンと同等であるように、日常を創っていこう。

叶わないファンタジー

・ひとときだけ努力し、運に任せる
・未来だけを見て、現在を見ない
・努力しっぱなし
・出来ない言い訳を探す
・責任は取りたくない
・うまくいくのを待つ

現実で叶えるために

・原因と結果を分析して、改善を続ける
・ビジョンと同等の過程を積み上げる
・努力を活かす努力をする
・行動し、変えてから分析する
・最初に自分で責任を持つ
・先頭に立って考える

 

才能の最高点で勝負すること

□ 強みを活かせば「最小限」。苦手を伸ばそうとすれば「修羅」
■ 好きなことは、やればやるほど楽しくなる
□ 強みを活かせば、「ハイリターン」。苦手で勝負すれば「平々凡々」
■ 苦手なことは、それが得意な人に任せる。
□ 「エネルギー高く、楽しんでいる」それが仕事

 

君の世界は君が創っているんだ。
いつだって君の設定どおり完璧。
だったら望む世界に変えていくのも君次第。

 

4.ビジョンの最高点は君にとって最高のシーン

これが叶ったら最高に嬉しいと思えるものは何だろう?ビジョンの最高点(ハイライト)は無限のモチベーションを引き出す魅力があるものをイメージする。それが実際に叶うのならどんな努力だって、プロセスごと楽しんでいける。それをイメージするだけでワクワクする。そのハイライトは自分の人生にとって重要で大切なものであるほどいい。夢を叶えるためには、情熱、魅力は欠かせない。その熱が実現のはじまりなんだ。

 

CHECKPOINT!

取り組んでいるけど、実はあまりテンションがあがらないビジョンは、持っていても時間を浪費するだけで、叶うことはそう多くない。『心から望む好きなことをしている』その様に他の人は魅せられ、応援したくなってしまうんだよね。

叶わないビジョン

・人にやらされているだけで、実は嫌だ
・どちらかというと「好きじゃない」ことに入る
・やらなければと思っているけど避けてしまう
・深く考えるのは面倒だ

叶えたいビジョン

・手に入れてもいいし、手放しても良い
・自分で主体的に取り組んでいる
・熱中して他のことを忘れることがある
・私がとても熱心だから、それを聞いた人も興味を持ってしまう

 

熱を忘れてしまわないために

□ 性格や気質をやり方に取り入れる
■ 自分にとって大切なことは大切にする
□ 人と違っていても良い
■ 「無気力」になることには距離を取る
□ 好きなことで、生活を彩る

 

やりたいことをやりたいように好き放題!
それが最もテンション上がるならそれしかないよ。
制限して二の足を踏むくらいなら突き抜けろ。

 

5.小さく分けて、普段はそれを目指す

ビジョンを叶えるには戦略がいる。「なんとなく叶ったらいいな」と待っていては、叶うか叶わないかわかったもんじゃない。だけど、戦略ってなんだか難しそうだ。そこでもっとも簡単な方法を紹介します。これは環境も大切だから、空間を整えて丁寧にすること。まず、ビジョンの最高点を思い浮かべる。自分はその夢を叶えていて、とても充実しているのをイメージする。絵だけでなく、音も匂いも、感触も、イメージする。そしてそのビジョンに自分が立ったとき、いまと違うところは何だろう?心持ち?仲間?環境?様々に違うところがあるはずだ。それをひとつひとつ書き出して、「小さな目標」にする。そして普段はこの小さな目標を達成することを目指すようにするんだ。

多くの人は、「成功したから、いい仲間もいい環境も持っているんでしょ」と考えるけれど、実際には逆だ。まず出来ることから、小さな目標を達成していくことで大きなビジョンが近づいて来る。『現在→ビジョン』ではなく、『現在→小さな目標→大きなビジョン』の順に目指そう。例えば、いきなり豪邸に住むなんてビジョンは何やったらいいかわからないけれど、心地よい空間で過ごすために、いまの家を綺麗にしたり、もっと理想の家に引っ越したり、それならイメージ出来るよね。

 

CHECKPOINT!

みんな誰しも夢があるけれど、誰しもが夢を叶えているわけではないというのも現実だ。ここでは、夢を叶えている人たちのビジョンへの取り組みを紹介します。1〜5例まであり、1に近づくほど叶いやすく、少数の人しかしていないことです。

夢を叶える取り組み

1.毎日、ひとつでもビジョンの達成に向けたアクションをする
2.1週間、1ヶ月、3ヶ月ごとの小さな目標の達成を決めている
3.自分が関わることへの小さな目標を持っている
4.夢やビジョンを文章にして持っている
5.どんなことを叶えたいか?イメージがある

 

戦略的になるためには?

□ 今の現状をそのまま受け入れる
■ 未来どうなっていたいか?詳細にイメージする
□ 現在と未来の違いをひとつひとつ埋めていく
■ 毎月ひとつは小さくとも新しいことをする
□ 夢に関することを必ず毎日やる
■ 活用できるリソース(資源)は借りて負担を少なく
□ 必要でないものは保有しない

 

夢を持ったからといって現実に魔法がかかるわけじゃない。
自分で自分に魔法をかけてご機嫌に進んでいくんだ。

 

6.一人でやると規模は知れてる、みんなでやれば無限

「自分のことだから」と、つい自分一人で夢を追いかけたくなる。勝手にやった方が楽だから。だけど実際には、本気であるほど、周囲の人に影響してしまうし、協力してもらわないといけないシーンだって必ず訪れる。だから最初から、想いを共有するんだ。夢の規模は大きくなるほどに、たくさんの人の手を借りて実現する必要が出てくる。ひとりで完結できる夢は、きっと君の理想には届かない。みんなでやるからこそ、実現できることだし、たとえ自分自身が全力を尽くしたとしても、最終的に命運を握るのは、自分じゃない。周囲に感謝し、丁寧に向き合うことは、君の夢になくてはならないんだよね。

 

CHECKPOINT!

君の夢を叶えるには、どれだけの人の助けが必要だろう。君は君の夢を叶えたい。だからこそ、周囲への感謝を忘れずに、みんなのための君であることだって大切だ。

周囲(みんな)の助けがあるおかげで・・・

・ひとりでは発揮できない能力を活用できる
・人の役に立つちからも、何倍にも膨らむ
・ベストを尽くせる
・誰かがベストを尽くす手伝いが出来る
・頑張る力が湧いてくる
・ビジョンに沿った生き方ができる
・もっと大きな夢を実現することが出来る

 

どんな人の手を借りるべきか?

□ 君の日常を支えてくれる人
■ ひらめき、インスピレーションを与えてくれる人
□ 正直に、建設的に活動に向き合ってくれる人
■ 足りない能力を補ってくれる人
□ 君の夢を応援してくれる人

 

みんながいないと君の夢は叶わない
だからこそ君はみんなのための君でもあろう

 

7.代わりに差し出すものは最初に想定しておく

夢は他の誰でもない、君が叶えたいものだ。その実現のために差し出すもの、、、つまり対価は、資金だけに留まらない。時間もそうだし、情熱もそう。習慣さえ変えて、これまでしていたことを辞めて、新しい習慣や夢への時間に、集中する必要も出てくるかもしれない。少しだらしなくとも許された自分とも決別して、美しい自分になることが求められるかもしれない。君にとって大切であるほど、夢の値打ちは決して安くない。精神的なものや習慣などの支払いもいずれ求められ、応えることで先に進むんだ。だから、急に来てびっくりしないように最初から想定しておけばスムーズだ。これも理想の自分と現在の自分とを比べることで見えてくる。

 

CHECKPOINT!

資金や時間以外にも、夢に向かうためにはさまざまな対価が求められる。「不安と向き合う」などはよくあること。自分の夢が自分の人生にとってどれほど重要なのかをイメージし、向かうと決めたら最初に想定しておこう。実は、これらの殆どは君の精神的な課題を克服するために訪れる。よって、完全に超えてしまえば、同じことは起きなくなるから一回で超えよう。因みに逃げて回避しても同じことは何度も起きるよ。

対価の支払いリストの一例

・無理だと言われたり、反対されたりする
・自分に出来るのだろうかという不安
・努力は絶対必要
・もっと才能ある人への羨望
・壁はすぐに来て、そして何度も訪れる
・譲らないものを守る覚悟
・活動資金を得るために、責任を持って仕事をする

 

対価あるある

□ 夢はタダ、でも追うには、、、
■ 支払いのタイミングは、課題の最初に来る
□ 自分の弱さを受け入れないと進まない
■ 対価は思っているより高い
□ 精神的な課題の克服と連動して求められる

 

未来の君を手に入れるための対価は
君が成長して理想の君になるための世界からの贈り物なんだ

 

8.自分がうまくいく法則、習慣を知っておく

自分がうまくいく方法が世の中の通例と違っていても、君がうまくいくのならそれが良い。例えば、一般的なコーチング手法のなかの目標管理は、目標を数値化し、期限を決めて、日々の習慣に落とし込み、日常を管理することで成果を管理しようというもの。だけれど、僕の顧客である女性に、同じことを求めていたら、なんだか見張られているような心地になって、活動にさえ嫌気がしてしまうだろう。それなら、好きなように伸び伸びと活動してもらって、方向性だけチェックしているくらいの方が、楽しいし成果にも繋がりやすい。他にも、「慎重な人はリスクよりも着実性を選ぶ」とか「勢いのある人は細かな理論はおいてまず実行する」など、人によってベストな成功法則はさまざま。君が成功する方法を探そう。

 

CHECKPOINT!

すべての行動は前に進むためにあるもの。普段の言葉使いから、深層意識で後ろ向きになっていないかチェックしておこう。君が使う言葉は君を夢に近づけるちからも遠ざけるちからもあるのだから。

夢を遠ざける言葉

・前例がない
・資金がない
・時間が足りない
・専門知識がない
・急過ぎる
・売れないだろう
・出来ないかもしれない

夢に近づく言葉

・市場で第一人者になれる
・アイディアが試されている
・仕事のやり方、日常を見直す機会だ
・得意な人を探してみよう
・チャンスが来た
・理解されるためにはどうしたらいいだろう?
・出来るようになるにはどうしたらいいだろう?

 

夢に近づくためには?

□ 自分の性質にあったアプローチを選ぶ
■ 一般的な成功論に合わせて無理をしない
□ (女性は)女性であることを忘れない(男と同じ成功法則ではない)
■ (女性は)美しさに磨きをかける
□ (女性は)感性と女の勘を研ぎ澄ませる
■ 条件が揃うのを待たない
□ 周囲よりも1歩早く1回多く行動する
■ 変わり続ける

 

君のやり方が一般的な成功法則と違っていても
君がうまくいくならそれでいい

 

9.プロセスをまるごと楽しむ

夢や目標はそれが目的のように見えて、実は真の目的は別にある。その目標に辿り着くまでの成長や、人との出逢い、共有した想いや感動。そういった目標に向かうことで得られることが、人生のなかでかけがえのない宝物になっていく。そういう意味では、真の目的はゴールではなく、途中の道にこそあるのだ。だから、夢や理想にたどり着いていないからと、自分を攻める必要も、まして誰かと比べて卑下する必要もない。いま、この瞬間を大切にすることが、未来を大切にしていくことなのだと忘れないでおこう。

 

 

プロセスを幸せな道にするためには?

□ 現実を変える為に行動したことを評価する
■ 夢までには距離があることも理解する
□ 小さな目標の達成も夢のうち
■ 常にビジョンを忘れずに、毎日想い出す
□ 成功も成長もどちらも評価する
■ バイオリズムがあることを忘れない
□ 内面的な成長も自分で認めて褒める

 

成功するために努力をしているわけじゃない
幸せになるために夢に向かっているんだよね

 

10.誰のためになるのか?意義を見つけたときのパワー

これは最後の項であり、僕からのメッセージでもある。ここまで読み進めてくれた君なら、薄々感じていると思うけれど、君の夢は、君独自のものだけれど、君だけのものではないんだ。君を幸せにすることが、家族や周囲を幸せにし、その夢が広がっていくほど、実はもっと多くの人にとっても良い影響を与えるものになる。君自身からはじまって、君の情熱に影響をうける人もいるかもしれないし、君の活動によって救われる人もいるかもしれない。そこにも焦点を当てよう。自分の活動がエゴに終始していれば、広がるのは難しい。だけど、君の活動が誰かの為になると、君自身が知っていれば、もっと情熱を注げるんじゃないだろうか?もっと進んで協力を仰げるのではないだろうか?君の夢が広がっていくと、誰のどんな役に立つのだろう?誰にどんな良い影響を与えられるだろう?その側面もちゃんと見て、進むんだ。

 

少しづつ進めばいい

活動に対する意義は、そう簡単に見つかるものじゃないから焦らなくてもいい。まずは自分自身を幸せにすることからはじめよう。だけど、その先に見出すものがあることも同時に知っておこう

段階を経て答えを出す

1.自分の人生にとって意義のあることをしたい
2.他人にとっても意義のあることをしたい
3.誰かと一緒に意義のあることをしたい
4.社会、世界にとって、意義のあることをしたい
5.自分の人生を意義のあるものにしたい

 

君の人生に
どんな意味や意義を見出すかは、君次第。

 

以上、『2018年の夢や目標を確実に叶えるための10ステップ』でした。

最後まで読んでくれてありがとう。
2018年も君の夢とビジョンが叶いますように。