夢や目標は追いかけながらも同時に、目の前にあることを精一杯楽しもう。今日起こるひとつひとつの出来事や、あなたの仕草の一挙手一投足にも丁寧に気を配り、日常を愛する。そのエネルギーがビジョンの拡大を生む。

現在をビジョンの犠牲にしない

何かを追いかけていると、自分の身の周りのことや、自分自身を大切にすること、周りの人との関係など他のことが雑になってしまいがちになります。一生懸命であるほどに。

しかしながら、未来はあなたの“今の生活”の繰り返しの先にやってくるもの。だからこそ、慎重に丁寧に生きよう。今の生活をないがしろにして、今支えてくれる人をないがしろにして、掴む夢なんてない。ビジョンのために大切なパートナーを二の次にする必要もない。

本当に大切なことを大切にしながら夢に向かって進もう。

 

豊かさは自分からはじめてインサイド・アウトする

 

自分の価値は過去の自分が決めている

何かを雑に扱うということは、あなたの行動や持ち物などの何かが「雑なもの」になる。それが習慣化すると、「雑」なものが相応しいあなたになってしまう。

周りの人とのつながりや、自分の発するすべてを通じて、自分の価値を大切に、丁寧に扱うこと。あなたの身の周りの人やものを大切にすることは、あなた自身を大切にすることにもなるということ。

 

周囲の人を大切にすることは、自分を大切にすることと同じ

 

未来志向と現在志向のバランス

未来を夢見ることは、大切なこと。しかし、未来志向が強すぎると、今考える事のすべてが「未来のこと」になってしまう。

そうすると、今の自分と理想の自分とのギャップを感じて、今の自分が「ダメ」なようにも感じてしまう。「この夢を実現しなくちゃ幸せになれない」なんて苦しみながら目指しているなら、実現していない「今」はずっと「不幸」ということになってしまう。

今を不幸、と思っている人に、幸せな人たちは集まらないし幸せな夢も引き寄せられない。その「不幸」の思いに似ていることが、またやってくる。

 

現在と未来どちらも愛する。それが最短。

 

 

♡次の記事はこちら>>
CHAPTER17
夢を叶えるに足り得る自分の器