多くの人は、自分がうまくいくために条件が揃うのを待っている。

 

◯◯があれば、◯◯が出来れば、と考えているうちに環境は刻々と変わって、また必要なものが出てくるだけなのに。

 

ほんとうに、手に入れたいのなら、どんな条件でも、どんな環境でも、自分から動かないとはじまらない。主体的に動いてみることで、はじめて視界は開かれ、世界が見えてくるもんだ。

 

特に、女性は「待ちたい」よね。それが本能だから。だけど、叶えてもらうよりも、叶える方が早いし、、、叶えてもらうにしろ、その中心には自分がいないとほんとうに必要なピースは集まってこないのよ。

 

これに当てはまる数が多いと願いが叶うまでに時間がかかってしまう。

 

  • 完璧になるまで待つ
  • ひらめくまで待つ
  • 許可されるまで待つ
  • 励まされるまで待つ
  • 誰かが変わるまで待つ
  • 適任者が来るまで待つ
  • 子どもが独立するまで待つ
  • 運勢が良くなるまで待つ
  • 新体制になるまで待つ
  • 誰かが気付いてくれるまで待つ
  • わかりやすい指示があるまで待つ
  • 自身が湧いてくるまで待つ
  • 痛みが消えるまで待つ

 

夢を追うのに、完璧に整われた状況なんて、絶対に来ない。既にいまが完璧なんだと気付こう。肉体があって、可能性があって、自由がある。それだけで本来充分なんだ

 

 

のはなしをすると、
僕自身はそこそこのアトピーで、出来るならば家で安静に寝ていたいとも思う。外に出れば、外気の異物や化学物質、人のエネルギーにあてられて、つらくなる。

 

だからと言って、本当に家で寝ていたら、どんどんカラダも心も弱くなって、もっと状況は悪化すると思う。ほんとうに僕が望むのは、楽しいことや、やりたいことを120%実現して、自分の体調なんて凌駕するほどに、すばらしい人生だと思う日々の中で、誰かと繋がり、誰かのためになり、世界に貢献していくことで。

 

アトピーだって、人の痛みを知るための、ひとつの機会だね。ってくらいに、明るく笑い飛ばすような人で在り続けることだ。止まっているって、変わらないようで、時間に相対すると、実は後退している。日々は流れているのだから、もっと早く走れば豊かになるし、歩いていてSO SOなんだ。

 

時には止まることも大切だけれど、それは進んでいるからこそなんだよね。

 

夢に一歩でも近づくために

夢に一歩でも近づくために必要なのは、考え方を変えて、変え続けていくことだ。現実に対して柔らかく、自分をちょうど良くしていくこと。だと思うんだ。

 

功なんて来ないと思ってない?それよりも自分の成長を信じよう。

 

分のことや自分の活動を、後ろ向きに捉えるよりも、前向きな自分で在るために出来ることをしていこう。

 

件が揃わないことを理由に、踏み出すことをためらうよりも、踏み出してから、ひとつづつ条件を集めていくんだ。

 

要な環境に恵まれていない時は、大抵スピードが時代よりも遅いだけだ。価値が無いわけじゃないから、恐れと向き合って、実現できることを増やして、実現していけばいい。

 

 

僕らには、肉体があって、可能性があって、自由がある。それだけで何かをするために必要なものはすべて揃っている。もしも、「自分にはできない」「私なんて・・・」と思ったら、視点を変えて、習慣を変えて、、、

 

どうやったら誇れる自分であるか?そのイメージにひとつずつ近づけていけばいい。全部一気には難しいから。ひとつずつ。だけど、そうやって、前に進もうとするさまは無条件に美しいと僕は思うよ。

 

どちらにせよ僕らは、やれることしかやれないのだから、やれることをやるしかないんだよね(笑)

 

その道のりごとぜんぶ!楽しんでいこう!!

 

そんな人たちと僕は日々を歩いていきたい。