友人の質は人生の質!?

 

 

 

あなたが普段一緒にいる友人は、

どのような人でしょうか?

 

思い浮かべて下さい。

その友人はどのような生活を

送っていますか?

 

日々挑戦し、成長していますか?

周囲に良い影響を与えていますか?

どれくらい幸福と充実を

感じていますか?

 

 

あなたの鏡である友人は、

あなたの心の内面を

そのまま現しています。

 

将来的にもあなたは、

その友人の基準にとても近い

人間性を形成していくのです。

 

 

つまり端的に言うと、

現在の友人はあなたの将来の姿です。

 

これは逆に言えば、

素晴らしい友人を持つことで、

あなたの人生を素晴らしく

変革することができる

という事でもあります。

 

素晴らしい友人を持とう!

あなたの夢と目標を

サポートしてくれる人を歓迎しよう!

あなたの基準を引き上げてくれる人を

尊敬しよう!

 

 

自分にはまだないと思える

素敵な一面をいくつも

持っている友人に囲まれていれば、

自然とあなたもそうなっていくのです。

 

 

 

 

 

コミュニケーションの本質

 

 

 

あなたが誰かと接する時、

あなたの発する言葉は

「誰のため」の言葉ですか?

 

あなたの態度は、

「誰のため」の態度ですか?

 

もしそのベクトルが

自分に向いていた時、

相手と信頼関係を

築くことは難しいでしょう。

 

そのベクトルが相手に向いていた時、

おそらく相手も同じように

あなたと接し、すぐに信頼関係を

築くことができるでしょう。

 

 

コミュニケーションの本質は、

信頼関係を築くことです。

 

シンプルに言うならば、

あなたのファンになってもらうのです。

ではどうすればよいでしょうか?

 

コミュニケーションの

最も破壊的な行為は、

自分の優れている点について

延々と説き伏せることです。

 

「私の話」ばかりする人との会話ほど、

つまらないものはありません。

人は自分の話をする方が

楽しいのですが、それは相手も同じです。

 

「相手の話をする」、

そして「相手の話を聞く」、

というのは基本です。

その上で、さらに相手のために

コミュニケーションの質を

上げていきましょう。

 

 

 

 

 

コミュニケーションの極意

 

 

 

コミュニケーションの極意は、

「for you」であることです。

 

その時間は、相手に尽くすのです。

 

相手のための言葉で、

相手のための態度で接します。

 

そして相手のことを

深く理解することに努め、

相手を思いやるのです。

 

相手のためにどう接するべきか?

相手のために何を話すべきか?

そこに100%意識を集中します。

 

 

コミュニケーションをする際に、

「自分がどう思われるのかが不安だ」

という人もいると思いますが、

 

そういう人ほど、

相手に集中して下さい。

 

 

そうすれば、自分の事を

気にする余裕はなくなるはずですし、

結果的に相手にとっての

時間の質も向上します。

 

自分が100%相手のために

接することができれば、

「人は鏡」ですので、

相手も同じようにあなたを尊重して

コミュニケーションをするよう

努めるでしょう。

 

それを続けていくことで、

結果的に相乗的に向上し合える

強い信頼関係を

気付くことができるのです。

 

 

 

 

 

貢献マインドの先にあるもの

 

 

 

コミュニケーションにおいて、

相手に貢献することを通じて

貢献マインドを育てましょう。

 

貢献マインドが強くなれば、

いずれあなたはもっと多くの人に

貢献しようと思い始めます。

 

それほど、貢献することには

大きな魅力があります。

 

その理由は、貢献することで

人間的の本質的な欲求へ

触れることになるからです。

 

 

例えば、相手が喜ぶ姿を

見たときの「喜び」や

「達成感」などの感情です。

 

そう思い始めれば、

あなたは「自分の使命、

役割は何か?」と

考えるようになるでしょう。

 

これは他人に貢献した際に

感じる自分の感情が、

非常に重要なベースになります。

 

「自分の使命、役割」、即ち、

自分が本当にやりたいことは、

人に貢献することを通じて

養われていくのです。

 

 

貢献マインドとは

いわば「種」です。

 

貢献し続けることによって

種を育てていき、

そしていつの日か、

あなたにしかできない、

あなただけの、

あなたにとって本当に重要な

使命に気付く時が来るのです。

 

その時のあなたは、あなただけの

「1位/1億2000万人」の

入口に立っていることでしょう。

 

 

 

相手に貢献し続けた先に、

自分の本当の使命が見つかる。

 

 

 

 

 

** LESSON **

 

Q.あなたが親しい誰かと接する時、

相手の為に出来ることを

探して書き出してみましょう。