意味付けで感情をコントロールする

 

 

 

人生の目的は人によって様々ですが、

人間としての大きな目的の1つは、

感情を得ることです。

 

 

私達は嬉しいという感情を

得るために、嬉しいという

感情を得られるであろうと

思うことをしています。

 

達成感という感情を得るために、

達成感を得られるであろうと

思うことをしているのです。

 

 

そしてその感情を創り出すのは、

出来事に対するあなた自身の

意味付けです。

 

ある一つの出来事に対し、

それを嬉しいと捉えるのか、

悲しいと捉えるのかは

あなたの意味付けによって

決められているのです。

 

 

 

例えば、

たまたま差し掛かった信号が、

ちょうど「赤」になったとします。

 

その時、ある人は、

「信号が赤になるなんて、

ついてない。私は早くここを

渡ってしまいたいのに。

どうしていつも私の思う通りに

ならないんだ!!」と言います。

 

またある人は

「信号が赤になるなんて、

私はなんてラッキーなんだ、

この時間を使って自分自身の

気持ちを整理することができる!」

と言います。

 

 

 

全く同じ出来事でも、

それをどう捉えるかによって

二人の意味付けは

全く違うものになっています。

 

 

そしてこの意味付けは

自分で決める事が出来ます。

 

その為には、自分自身が

どのように生きていくのかを

決断をすることです。

 

 

 

例えば、

「この書籍を読んで、

私は前向きに生きていく!」

と決断したならば、

あらゆる出来事に対して、

 

より良い意味付けを見つける

能力を養うようにしましょう。

 

 

 

 

 

良い感情を持つ

 

 

 

素晴らしいプラスの

感情が生まれれば、

さらに素晴らしい

パフォーマンスにつながり、

素晴らしい結果をもたらします。

 

また結果がどうであれ、

より多くのものを

得ることができます。

 

 

これはつまり、

良い感情を持つということは、

「自分の成功を確信している」

ことと同じです。

 

 

逆にマイナスな感情の時には、

やる気が出ず、

うまくいかないことが多くなります。

 

どうせ自分にはできない、

と思っているのです。

 

成長し、成功していくためには、

自分の軸に対してより良い感情を

維持していきましょう。

 

 

素晴らしい感情

→素晴らしいパフォーマンス

→素晴らしい結果

 

気分が悪い

→やる気が出ない

→うまくいかない

 

 

また良い感情を引き出すためには、

言葉の力も有効です。

 

 

2章の第1項、

第2項にもあるように、

普段からネガティブな単語は

使わないことはもとより、

できるだけポジティブな言葉を

積極的に使っていきましょう。

 

友人に「調子はどう?」と

聞かれれば、即座に

「最高だよ!!」と

答えるくらいの気概も必要です。

 

不安な時や

落ち込んでいる時などは特に、

自分の可能性を

信じる言葉を使いましょう。

 

 

初めは、空元気であったり、

不自然に感じたり

するかもしれません。

 

しかし、何度も繰り返し

発することで、

自分の脳がその言葉を認識し、

やがて深層意識に

刷り込まれていきます。

 

すると、その言葉の

イメージ通りになるよう

アンテナが調整され、

無意識にそうなろうとします。

 

より良い自分を

イメージしていた場合、

そこに近づくことが出来るのです。

 

 

自分にとって、

自分の目標にとって望ましい感情に

フォーカスしましょう。

 

そうすることで、

あなたはより高い

パフォーマンスを以って、

より良い結果を出すことに

集中することが出来るのです。

 

 

 

 

 

行動から良い感情を引き寄せる

 

 

 

体の使い方や、日々の

習慣によっても感情を

コントロールすることができます。

 

 

人間の心と体は

とても密接な関係にあり、

 

落ち込んでいる人は

落ち込んでいる時の

しぐさや態度、

 

ご機嫌な人は

ご機嫌な時のしぐさや

態度になっているものです。

 

 

これを活用し、

落ち込んでいる時や

上手くいかない時には、

 

ご機嫌な時や上手く行っている時に

していること、態度、姿勢、

発言など、あらゆる行動の

マネをすると良いでしょう。

 

最初はマネのつもりでも、

続けていれば感情が湧き出し、

良いパフォーマンスを

取り戻すことが

出来るようになります。

 

 

 

感情をコントロールすることで、

より人生をコントロールすることが

出来る。

 

 

 

 

 

** LESSON **

 

Q1.あなたは普段どのような気持ちで

過ごしたいですか?

 

 

 

Q2.その感情を感じている時は

どのような事をしていますか?

 

 

 

Q3.自分が落ち込んでいるとき、

聞くと元気になれる!と思える

アファメーションを考えてみましょう。