使う言葉を選ぶ

 

 

 

第2項で記した通り、言葉のパワーを

通じて深層意識に働きかける方法

「アファメーション」は非常に有効です。

 

そしてこれは、私たちが普段使っている

「習慣的な言葉」にもいえることです。

 

 

仕事であなたがミスをしてしまった時。

それを自分の中で「失敗」と捉えるのと、

「次につながる学び」と捉えるのとでは、

あなたの気分はどんなふうに

違ってくるでしょうか。

 

 

「失敗」と表現すると、

「何をやっているんだ、

自分は能力がない人間だ」、と

マイナスな感情で

いっぱいになるかもしれません。

 

 

ですが「次につながる学び」と表現すると、

「今回は自分に落ち度があって

ミスをしてしまったけれど、

次はもっと良いアウトプットを出すぞ!」と、

最終的には前向きで向上心に溢れた

表情になるかもしれません。

 

 

このように、

日常的に使う言葉を

ネガティブな表現ではなく、

ポジティブな表現に変えることを

意識してみましょう

 

 

これにより、

あなたの発する言葉が変わるだけでなく、

深層意識が刺激された結果

あなたの感情面までもが変化し、

表情が変わります。

 

1日1回しか発しない言葉でも、

それを1年間続ければ356回です。

 

毎日の小さな積み重ねが、

いずれ大きな差となって現れます。

 

何気なく使う言葉を意識するだけで、

毎日が、そして人生が変わってくるのです。

 

これは瞬間的に深層意識を活性化する

最もシンプルな方法です。

 

 

日常的に使う言葉を、

ポジティブな表現に変えましょう。